ダンボールに入れられるものたち

ダンボールというと誰かになにかを送るときに使ったりすることが一般的な使い方ですが、家でも物を入れて収納したり衣類などを入れて衣替えに活用したりと様々な使い方があると思いますが、ダンボールに入れられるものと自然と頭の中で分けるものですよね。

これはダンボールに入れても良いもの、これはダンボールに入れられないものと自然と分けてしまうものです。

例えば、ダンボールは水に弱いので水は入れられないと思ったり、分厚い本など重すぎるから入れると底が抜けてしまうかもしれないと入れることを躊躇してしまうこともあります。

しかし、それらはダンボールの種類によって不可が可能になる場合があるのです。

耐水性のダンボールを使えば水に濡れるところで使用することも可能ですし、多少水を入れても大丈夫だったり、強化ダンボールであれば分厚い本よりももっと大きく重たいものでも入れることが可能です。

普通のダンボールやリサイクルダンボールが一般的に流通してるダンボールですから自然と入れられるものと入れられないもの、活用できることと活用できないものに分けてしまいますが、それに対応できるダンボールもあるということを覚えておくと生活をする上でいつか役に立つ時が来るかもしれません。

 

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.