水の次は……火!?

不可能を可能にしつつある今日のダンボール事情ですが、ダンボールが最も弱いといわれていた水に強くなった耐水性のダンボールが登場したことで今後のさらなる活躍が期待されています。

それでは次世代ダンボールはどのようなものが生まれるでしょうか。
水に強くなったダンボールが次に向かうところは…もしかすると耐熱?火?かもしれません。

燃えないとリサイクルにできないかもしれませんのでどうなるものかわかりませんが、もし火に強いダンボールが生まれたとしたらさらに使い道は増えますよね。
火に強く防寒性にも富んでいてなおかつ通気性もそれなりにあるとしたら今後家の建設などにも使われる可能性も出てきますし、ダンボールのフライパン、ダンボールの鍋なんかが出てくる時代になっても面白いですね。
耐熱という部分では今のダンボールでも耐熱できるものは多数あります。
しかし、その耐熱がさらに進化してもっと充分な耐熱になったとしたら工事現場などで使われることも充分考えられますし、さらにダンボールの活躍の場は拡がることでしょう。

今後のダンボールの展開はわかりませんが、人間が使う上でこんなものがあったら良いな、こんなダンボールがあったらいいなを実現してきたのが今のダンボールたちです。
きっと今後も様々なダンボールが登場することと思います。

 

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.