本がいっぱいの部屋作り

読書が趣味という方は多いと思いますが、その読み終えた本たちにも愛情が沸いたり、なかなか手放せないものですよね。数年経ってから読み返すことを楽しみにしてる方も多いと思います。

たくさん集めてしまった本たちの管理はどうしていますか。
本棚に入れるにも本棚を購入するのが大変という量の場合もありますよね。そうなってしまうとただ積み重ねるしかなくて、安全面にも問題が生まれてしまいます。
本の大きさによって本棚はできれば変化させて保管するのがベストでしょう。
単行本サイズ、新書サイズ、文庫本サイズ…様々な大きさの本たちがありますよね。

それらにあわせた本を収納するためのダンボールが販売されています。様々なものが販売されていますが本を傷めずにキレイに保管できるので大変人気があるようです。
本棚にできるものもあるので本棚を購入するよりは安くダンボール本棚を並べることができます。
ダンボール本棚は模様替えや積み重ねのときに重さを感じないので自分で管理するにはとても良いものですね。
本棚はとても重いものが多いですからあまり大きな本棚だと地震の際などに危険なものになってしまうかもしれません。

本がたくさんあって収納に困っているという方はダンボールを活用してみてください。
ダンボールは物を運ぶだけでなく保管にも優れています。

 

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.