被災地で活躍を見せるダンボール

記憶に新しい東日本大震災から一年半が経過しましたが、当時被災地で活躍したものが多々あります。
大変な状況になって避難生活をしたからこその知恵がたくさんありました。
そこで活躍したもののひとつがダンボールです。

避難所では仕切りなどがなくプライバシーが守れない状況になりますが、着替えの際やトイレの際などの簡易的な仕切りとしてつかったり、保温性があるので体の上にかけるだけであたたかく感じることができたり、箱の中に足を入れて足元をあたたかくしたり、組み立ててビニールを被せて簡易トイレにしたりとその活用方は様々でした。

津波の影響でぬかるんでしまった地面に道を作るためにダンボールが一時的に敷かれたりもしました。

支援物資がダンボールで届くので、たくさんの支援物資とともに大量のダンボールが増えていくので様々なことに使えて便利だったといいます。

そんな被災地でもっとダンボールが活躍するためにどんなダンボールがあると便利でしょうか。

ベッドが必要な人たちが寝られるようなダンボールベッドにも使われている強化ダンボールや水を溜めることができる耐水性のダンボールなどがあるとさらに活躍できますね。

実際にダンボールベッドは被災地でも介護が必要な避難者の方々に使われたそうです。

ダンボールは緊急時にも役立つのですね。

ダンボールで立派なサーキット

男の子のお子様がいる家では車が転がっていませんか。
男の子は車のおもちゃが大好きですよね。
人間というのは面白いもので、女の子が好き好むものと男の子が好き好むものが大きく成長してくるにつれてハッキリとしてくるものです。
男の子たちはこぞって車が大好きでミニカーを持ち歩くものですよね。

ミニカーを卒業したらその次はエンジンがついた動く速い車に興味を示します。
そうなるとサーキットが欲しくなっちゃうものです。

しかし、サーキットのおもちゃは高価だったり置き場所に困ったりしますよね。
そんなときは簡単なサーキットとしてダンボールを活用しましょう。
ダンボールを好みの大きさにカットして一定の長さで何本も用意します。
それらを繋げるだけで簡単にサーキットの出来上がりです。

底の部分ももちろんダンボールで。
ダンボールの板部分を広げておくだけで良いでしょう。
ダンボールの表面はツルツルしてますからミニ四駆などのおもちゃでも引っかかることなくスムーズにスピーディーに動きます。

子供たちはダンボールのサーキットであってもとても喜んでくれますよ。

もし使わなくなったり飽きてしまったらリサイクルに出してまた新たに今度は複雑なコースで作ってみることも可能です。自由に作れるのがダンボールの良さですね。

ダンボールがサーキットになるなんてなかなか思い浮かべないものですがそれもダンボールの可能性のひとつです。

家電や家具の購入するととても大きなダンボールに入って送られてくることがあります。
その大きなダンボールを処分するにはいくらリサイクルに出せるといっても大変です。
大きなダンボールは畳んでもとても場所をとるのでできるだけ細かく畳んですぐに車などに乗せてスーパーやホームセンターなどのダンボール回収ボックスに入れにいく他ありません。

しかし、そんな大きなダンボールはなかなかないからこそ、カットしたりして活用してみましょう。

家具や家電が入れられているダンボールというのはとてお丈夫なダンボールである場合が多いです。
ですからしっかりとしたダンボールということでボックスを作るにしても収納を作るにしてもとても向いているのです。
自分の好きな大きさにカットして箱を作って布や包装紙などを貼ってキレイな箱を作ったり、収納ボックスをするったりしても良いですし、子供のダンボール工作のためにカットしたダンボールを数枚子供に与えるのも良いですね。

ダンボールで作れるものは意外にもたくさんあるのでそういった機会にダンボールを家庭で活用しても良いでしょう。
リサイクルダンボールなどではちょっと丈夫さにかけますが家電が入ってるダンボールはしっかりしているのでいい機会です。

現在日本は少子化対策をするためにいろんな政策や働きを実施していますが、子育てにはお金がかかるものです。
赤ちゃんを出産するだけでも何十万円というお金が必要で赤ちゃんがおなかの中にいるときも定期検診などお金がかかります。
さらに赤ちゃんを迎え入れるために様々なものを用意しなければいけませんよね。

例えばベビーベッド。
ベビーベッドはなくても問題はありませんが、ベビーベッドはあると便利です。オムツ替えのとき一回一回布団やベッドに寝かせるのではなく親のやりやすい位置でやれるので便利ですし、まだ首もすわらない頃はベビーベッドに寝かせて柵をあげておくと親がトイレに行くときなど安心していけますし家事もできます。

他にも大量のオムツやおしり拭き、たくさんの肌着やベビーカーなど赤ちゃんを育てる上で必要なものはたくさんあります。

例えばベビーベッドがダンボールのベッドだとしたら。
ベビーベッドは使う時期が本当に一時期しかないので処分に困ってしまったりしますがダンボールベッドだとしたらすぐにリサイクルに出すことができて便利かもしれませんね。
もちろん赤ちゃんが寝る場所ですから強化ダンボールを使ってとて丈夫で安全性に富んだものでなくてはいけませんが。

育児にもダンボールを使う日が来るかもしれませんね。

ダンボールに入れられるものたち

ダンボールというと誰かになにかを送るときに使ったりすることが一般的な使い方ですが、家でも物を入れて収納したり衣類などを入れて衣替えに活用したりと様々な使い方があると思いますが、ダンボールに入れられるものと自然と頭の中で分けるものですよね。

これはダンボールに入れても良いもの、これはダンボールに入れられないものと自然と分けてしまうものです。

例えば、ダンボールは水に弱いので水は入れられないと思ったり、分厚い本など重すぎるから入れると底が抜けてしまうかもしれないと入れることを躊躇してしまうこともあります。

しかし、それらはダンボールの種類によって不可が可能になる場合があるのです。

耐水性のダンボールを使えば水に濡れるところで使用することも可能ですし、多少水を入れても大丈夫だったり、強化ダンボールであれば分厚い本よりももっと大きく重たいものでも入れることが可能です。

普通のダンボールやリサイクルダンボールが一般的に流通してるダンボールですから自然と入れられるものと入れられないもの、活用できることと活用できないものに分けてしまいますが、それに対応できるダンボールもあるということを覚えておくと生活をする上でいつか役に立つ時が来るかもしれません。

地球を守るために

今、地球が悲鳴をあげていると言われています。
人間たちが進化していく中でとても便利な世の中が発展しました。
しかし、便利になることだけを考えてきてしまってそれによって地球に本来必要なものたちが破壊されていきました。
それに気づくのが遅れた人間たち。
日本では戦後まだまだ地球の崩壊に関しての知識も認識もなく首都東京では工場が乱建し空が黒くなるほどの煙を日々たくさんの工場から排気していました。
その頃にくらべたら今はクリーンな空となり空気になりましたがそういった環境汚染が長い間続いていたことで地球は傷んでしまいましたね。

世界中でたくさんの木材が使われています。
家を建てるのに使われているのもそうですし、家具や紙を作ることにも使われています。
しかし、森林伐採を食い止めることができないと森林は無くなってしまい空気を作ることができなくなり人間たちは生きていけない事態になってしまうと考えられています。
そこで森林伐採を食い止めるひとつの希望がダンボールです。ダンボールはとてもリサイクルに長けた素材で紙としてもダンボールとしても生まれ変わることができ、ダンボールはいろんなものに使えます。物を運ぶだけではなくダンボール家具にもできますし、今では耐水性のものや強化ダンボールなどもあって可能性は多く秘めています。

地球を守るためにダンボールで代用できるところはする。
そんな時代がきっと近い将来やってくることでしょう。

家の中をエコ家具に

今、ダンボール家具がとても注目を集めていますがほとんどの家具をダンボール家具で集めることができます。

家の中の基本的な家具というとソファーやイス、テーブルや机、収納などのタンスや棚、カラーボックス、ラックなどすべてダンボール家具として販売されています。

家の中の家具をすべてダンボール家具でそろえることができるのです。
家電に関しては必要ですが、家具をダンボール家具でそろえるととても統一性があっておしゃれな空間になることでしょう。
もし家具がいならくなってしまった場合は普通の家具だと今は有料となっている地域がほとんどで粗大ゴミとして出すにはお金がかかってしまいます。

しかし、ダンボール家具だったらリサイクルとしてダンボール回収に出すと無料で処分できるものエコで良いですよね。
もちろん強化ダンボールであってもリサイクルは可能ですからリサイクルに出して大丈夫です。

今やベッドもダンボールで作れてしまう時代ですからすべての生活をダンボールと一緒にすることができるのです。

ダンボール家具が当たり前になる日もそう遠くないかもしれませんね。家具を作るために木材を使って森林伐採に繋がるのであればダンボール家具を使ったほうが地球には優しいのです。
そんなエコ生活送ってみませんか。

ダンボール公園

ダンボールの可能性として今後を考えるとダンボールでなにができるようになるか想像してしまいます。

ダンボールでこんなことができたら良いなぁということは案外あるものです。

そんな中でダンボールの公園はどうでしょうか。

公園の柵も公園の遊具も全部ダンボールでできてる公園です。
強化ダンボールで作られたダンボールの遊具で子供たちが遊びます。
強化ダンボールを使えば雨にも強く、子供たちが遊ぶ遊具ぐらいは作れそうですよね。安全性にもちろん気をつけたものとして将来登場すると楽しそうです。
ダンボールは子供たちも大好きな素材なのでダンボール遊具はとても喜びそうです。
ダンボールを使うことによって従来よく見るような公園ではなくもっと複雑で楽しい遊具を作れそうな気もします。
ダンボールで作った巨大迷路などがあっても面白いですね。

ダンボールで作られたダンボールの葛がたくさん入ったダンボール砂場だったり、耐水性ダンボールで作った花壇にお花が咲いていたりするとキレイですね。

ダンボールを駆使してキレイで楽しい公園ができるなんてことがあったらすごく楽しそうだと思いませんか。
そんなことができそう!と感じるぐらい今のダンボールは進化しているということですね。

ダンボールでできることはたくさんあるということです。

今後のダンボールの活躍

今、ダンボールはとても進化を遂げています。
少し前では考えられなかったようなダンボールは次々と登場していますよね。
カラーダンボールに剥離ダンボール、耐水性ダンボールに強化ダンボール…その種類は様々で、用途の幅も拡がっています。
ダンボールというとものを入れて運ぶというイメージですがそれだけではなく今いろいろなことに使われていますね。

そんなダンボールたち。今後はどのような働きをしてくれるのでしょうか。
ダンボールで今後なにが出来るようになるのでしょうか。

ダンボールが乗り物になったらすごいですね。
本格的な乗り物としてダンボールのリアカーや電動の車イスなんかができたらすごくエコで良いですね。
もちろんすべてがダンボール製というわけにはいかないでしょうがボディをダンボールにするだけでも全然違います。
子供たちはダンボールがすきなのでダンボールの遊具なんかもあると素材としても鉄などで作られてる遊具よりは安心ですし、楽しそうです。
ダンボールハウスなんかも見てみたいですね。実用化は難しいかもしれませんが将来ダンボールで家が建つ時代がやってくるかもしれませんよね。
家がダンボールなんていうのが当たり前になるエコな時代になるかもしれません。

そう考えるとダンボールの可能性は無限ですね。
今後のダンボールの活躍が楽しみになります。

強化ダンボールの可能性

みなさんは強化ダンボールというものがあるのをご存知ですか。
強化ダンボールとは普通のダンボールよりも厚く層が2層や3層にもなっているものです。
かなり丈夫で木材のように丈夫で、しかしカッターなどで切ることができ、そしてダンボールの重さとしては重いのですが普通に持つ分には木材よりもずっと軽いです。

そんな強化ダンボールですが、強化ダンボールはどんなときに使われるのでしょうか。

今注目されているのがダンボール家具です。
強化ダンボールでダンボール家具を作ることでとても丈夫な木材にも負けない家具を作ることができます。

今や、イスや机、テーブルや収納家具だけでなくベッドもダンボールで作られる時代です。
簡易ベッドとして介護用などに使われとても便利だと評判だそうです。

強化ダンボールはとても水にも強く長持ちしますが万が一汚れてしまったりしてももちろんリサイクルに出すことができるのでベッドのような大きな家具であっても有料のゴミにならないのはうれしいですよね。

強化ダンボールを使ってこれからもっともっといろいろなものが作られていくことでしょう。
強化ダンボールの持つ可能性はまだまだ大きなものです。

強化ダンボールで作られた家具を施肥手にとって一度ご覧になってください。